礼拝・キリスト教教育Christian education


同志社教育の原点となる学び

自分自身に向き合い、自らを見つめる時間

キリスト教主義に基づいた教育を行う本校では、毎朝の礼拝をとりわけ大切にしています。宗教儀礼としてだけではなく「神の前では等しく一個の人間である」という自覚を生徒一人ひとりが持ち、自分自身に向き合い、自らを見つめることができる意義深い時間です。

毎朝の礼拝

中学校はコミュニケーションホール、高校は新島記念講堂(同志社女子大敷地内)にて毎朝20分間の礼拝を持ちます。讃美歌斉唱にはじまり祈祷で終わる礼拝の説教者・奨励者は牧師や教職員が交替で担当し、司会は生徒の宗教委員が務めます。時には音楽礼拝や讃美歌練習もあります。

聖歌隊

中学では、トーン・チャイム・クワイアーがクリスマスなどで奉仕し、高校では聖歌隊が礼拝奉仕を行っています。

聖書・キリスト教の授業

各学年1時間の「聖書」の必修授業があります。校祖新島襄を知ることから初め、旧約・新約の聖書の世界を学びます。
高校では、キリスト教的なものの見方からいろいろな事象をとらえることも学びます。よりキリスト教の世界を学びたい生徒のために選択授業も開講しています。


宗教センターの取り組み

宗教行事

キリスト教の教会暦に合わせて、イースター(復活節)礼拝、クリスマス礼拝などを行っています。また、建学の精神を現代に再構築し続けるため、法人同志社の全体行事として、春と秋の宗教週間に学内外で平和、共存、相互理解などをテーマに主題生の強い礼拝を持ちます。この活動は生徒たちの宗教委員が積極的に関わっています。

特別礼拝

写真

イースター礼拝

写真

クリスマス礼拝

  • イースター礼拝

    主の復活を祝う礼拝です。キリスト教では最も大切な礼拝です。
  • 創立記念礼拝

  • 創立者永眠祈念礼拝

  • クリスマス礼拝(中学)

    主の降誕を祝う礼拝です。
  • 春季宗教週間(同志社五中高で実施)

    外来の講師をお招きして、特別礼拝を持ちます。
  • 秋季宗教週間(同志社五中高で実施)

    外来の講師をお招きして、特別礼拝を持ちます。
  • 創立記念早天祈祷会(全同志社で実施)

    同志社の創立を記念し、校祖の眠る京都・若王子山頂で開かれます。
  • 永眠祈念早天祈祷会(全同志社で実施)

    校祖新島襄の永眠を記念し、京都・若王子山頂で開かれます。
  • CLS(同志社クリスマスキャンドルライトサービス)

    全同志社で実施。本校の聖歌隊が奉仕をしています。

その他の行事

  • リトリートキャンプ

    creatio ex nihilo(無からの創造)を合い言葉に、参加する生徒が企画運営する、癒しのキャンプです。
  • 中学修養会

    日常生活から少し離れて、自分を見つめ直す2日間です。2012年度は「隣人愛」をテーマに語り合いました。