日本語

2014年末、パリで「OECD東北スクール(文部科学省復興教育支援委託事業)」による、「東北復幸祭」(シャンドマルス公園)、「桜の植樹セレモニー」(OECD本部)、「生徒大人合同熟議」(OECD本部)がおこなわれました。この一連の活動に本校の生徒たちもEP生徒として参加し、OECD本部でひらかれた国際会議である熟議においては、2030年の教育をイメージした新しい学校の案を英語でプレゼンテーションしました。また、OECDパリ本部、同日本政府代表部、UNESCO本部、EU本部も公式訪問しました。

©同志社国際高等学校