帰国生徒と国内一般生徒との共習Learn together with returnee students and general students


生徒のバックグラウンドを考慮

互いに教え合い、感化し合う環境がある

全校生徒の3分の2が海外での生活経験がある「帰国生徒」、3分の1が国内での学習経験を中心とする「国内一般生徒」です。校名に「International」とありますが、帰国生徒が数多く在籍していて国際的であるという意味であり、いわゆるインター校ではありません。
しかし、帰国生徒のすべてが日本の小・中学校の知識を学習しているわけではなく、個々に、さまざまな文化的背景を擁している場合もあります。私たちはそれらを認識したうえで、帰国・一般のへだてなく同じクラスで学ぶ「共習」を実施しています。
この空間の中で刺激しあい、相互に日本と世界を理解・認識し、グローバルな感覚を自然と身につけてほしいと考えているからです。

習熟度別授業の採用

ホームルームは国内一般生徒と帰国生徒の比率が、1:2の混合クラスです。本校の学習内容は、主に日本語で日本の教育内容を高レベルで行っています。よって、英語や主要教科の授業は、習熟度別にクラスを分け、それぞれの授業の中で各自の能力を十分に発揮して、知識を身につけてられるようにしています。

帰国生徒のみなさんへ

海外では、現地での学習をしっかりと行い、現地の文化を吸収してきてください。自分の意見や積極的で独自性にあふれた取り組みなどが、新しい仲間にとって刺激になることでしょう。

国内一般生徒たちの声

  • 海外へ行ったことがないので、帰国生徒との交流が、いつか英語を話せて、世界中の人たちと出会いたいという夢を与えてくれています。(中学生)
  • 帰国生徒と共に学べる環境は、海外生活の経験がない私の視野を広げてくれると考え入学を決めました。
    (高校生)

国内一般生徒のみなさんへ

はじめて日本の文化や習慣に触れる仲間もいます。みなさんが当たり前だと思っていることでも、新鮮な思いで受け止める人がいるはずです。「違うっておもしろい」を楽しみましょう。

帰国生徒たちの声

  • 日本の学校になじめるか不安でしたが、帰国生徒が多く、すぐに友人ができました。クラブ活動で先輩たちに話す敬語には苦労しましたが、優しく接してくれ徐々に慣れました。(高校生)
  • 日本の小学校に編入した時は、「学校内は上履きを履く」「給食当番」「掃除当番」などの学校独特の文化に驚きました。(高校生)