開催イベントevents


イベント紹介

コミュニケーションセンターでは、この施設の「プレゼンテーションエリア」としての特徴を活用し、さまざまなイベントを年間通して実施しています。

2015度実績

企画展示

写真部による展示

写真部が撮影した写真を定例展示しています。

第1回:「Free Exhibit」「D.I.H.S. Soccer Team」(BPP前4月20~6月22日)
第2回:「Handball」(BPP前6月22日〜9月7日)
第3回:「Summer」(BPP前9月7日~11月9日)
第4回:「School Festival」(BPP前11月11日~1月22日)
第5回:「Winter Vacation」(BPP前2月1日~ )

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
人権強調週間(10月10日~28日)

今年の人権強調週間のテーマは「LGBT」でした。CCでは関連図書のミニ展示を行いました。

  • 写真
  • 写真
CC実行委員によるハロウィンデコレーション
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
常設展示「日本の暮らしと行事」(新着図書コーナー付近 10月~3月)

日本の伝統やしきたりを紹介しています。

  • 写真
  • 写真
本屋大賞(エントランス付近4月30日~6月22日)

これまでの本屋大賞受賞作品を展示しました。たくさんの本が生徒の手に渡りました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
スターウォーズ・ミニ展示(4月30日~6月22日)

今秋、名作SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」のエピローグが公開されます。CCでも「スター・ウォーズ」についてのミニ展示を行いました。ポップを読みながら「スター・ウォーズ」の世界に触れる生徒たちの姿がよく見られました。

  • 写真
  • 写真
CC実行委員展示(6月10日~)『夏に読みたい本』

夏休みを楽しく有意義に過ごすために、中学高校のCC実行委員がそれぞれ夏におススメする本を選び、展示を行いました。たくさんの生徒たちが足を止め、本を借りていました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
ESS部展示(6月15日~)「世界中からのポストカード。」

ESS部の生徒たちがポストカードの展示を行いました。「英語を使ってコミュニケーションがとりたい」という熱意から、Edmodoという教育向けSNSや清水寺への観光を通して、生徒たちは様々な国の方々と知り合いました。そんな世界中の友達から届いたポストカードの展示です。 生徒たちの熱意と国境を越えた交流がポストカードという形を帯びて実現されました。

写真

生徒作品

英語 高3 Saクラス/Weedon先生 (CZ前)

戦争経験者の第一人称の視点から詩や日記、物語を書くというプロジェクトです。それぞれが真剣に「戦争」と向き合い、生み出された息をのむ作品の数々です。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
高3地域研究田辺/佐藤先生(2月3日~ リサーチステーション付近)

「地域研究田辺」受講生による田辺地域のガイドマップを展示しています。オリジナリティー溢れる作品が並んでいます。ガイドマップを観てぜひ学校周辺のエリアを散策してみてください。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

Peace Week(2月18日~27日)

本校では3月の研修旅行に向けて平和研修の一貫としてPeace Weekを設けました。戦争、平和の尊さについて考えるきっかけとなる様、2つの大きなイベントが開催されました。CCでも様々な展示を行いました。

TEDビデオ討論会(2月19日)

高校1年選択英語EE11受講生たちが企画・運営したイベントです。参加者は3つのTEDビデオを鑑賞し、それぞれの後にディスカッションを行うというものでした。また、本校高校3年生の榎戸春日さんもゲストとして、「Redefining Victimes」という題でスピーチをしていただきました。参加者同士、活発な意見交換をしている姿が見られ、それぞれの戦争観、平和観を共有し、深める有意義な時間となりました。

上映されたTEDビデオは以下の3つです:
“A Realistic Vision for World Peace” by Jody Williams
“For more Tolerance, we need more Tourism” by Aziz Abu Sarah
“I am the son of a Terrorist” by Zak Ebrahim

  • 写真
  • 写真
Ari Beser氏講演会(2月24日)

TED×KyotoのゲストスピーカーでもあるBeser氏をゲストにお招きしました。一日かけて様々なクラス、そしてC.C.でも講演をして頂きました。穏やかな口調で話されるBeser氏の話に生徒たちは引き込まれるように聞き入っていました。講演後は質問が飛び交い、平和についての新たな気づきや学びの多い一日となりました。
放課後には平和に関連する話題について先生・生徒を交えてディスカッションをする時間を持ちました。様々な角度から戦争・平和に触れ、熱い議論は17時半頃まで続きました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
長崎研修旅行新聞展示(2月28日〜)

「長崎研修旅行の事前学習として、中学2年生は国語の授業で『長崎研修旅行新聞』の作成に取り組みました。長崎で訪れる場所のリサーチはもちろんですが、現在の平和運動や被爆後の長崎の復興の歩み、子ども達がどのような被害に遭い、また現在の子ども達がどのような活動をしているかもリサーチしてほしいと思い、トピックを選びました。初めての新聞作成で、不十分な点もありますが、どうぞご覧ください。  国語科 角有紀子、西田喜久夫、吉川麻里」

長崎研修旅行新聞のトピックスは、「長崎と戦争」「長崎の文化・産業」「長崎の歴史」「長崎の地理」「長崎の人物」「長崎の平和運動」の6つでした。展示期間中、作品を見ながら学びを深めている生徒たちの姿がよく見かけられました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

古本市とCC実行委員による選書

古本市(9月23日 CZ)

9月23日(水)の文化祭では、第27回目となる古本市を無事開催できました。たくさんの寄贈本、そして皆様の温かいご支援のおかげで、売り上げは55,665円と大盛況の中終えることができました。本当にありがとうございます。「より快適に本を見ていただけるように」というCC実行委員の心遣いから、今年は初めての試みとして会場に音楽を流しました。新たな挑戦、楽しい経験、そして新たな学びがあった古本市となりました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
CC実行委員による選書(10月17日)

10月17日、CC実行委員がジュンク堂に本選びに行きました。古本市での売り上げで70冊の新しい図書を購入しました。それぞれの本にCC実行委員が一言メモを添え、読書週間に展示を行いました。


読書週間(11月9日~14日)

担任の先生の愛読書

CC実行委員による二つの展示が行われました。一つはジュンク堂で購入したCC委員選書の70冊の展示です。もう一つは「担任の先生の愛読書」という展示でした。この展示が一年を通じて最も人気のある展示となりました。たくさんの生徒が興味津々に先生たちの愛読書を手に取り、借りていました。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
ブックトーク(11月9日~13日)

CC実行委員主催のブックトークイベントを行いました。4日間、毎日お昼休みにそれぞれ1人の先生をお招きし、読書の楽しさ、おすすめの本についてお話いただきました。たくさんの生徒が熱心に耳を傾け、和やかなひと時となりました。先生方の紹介した本は全てCCに所蔵しています。ぜひ読んでみてください。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

11月9日(月) 朴元先生
『世界の美しい図書館』(アフロ、アマナイメージズ)、『世界の最も美しい図書館』(立野井一恵)、『聖書』、
『イエス』(安彦良和)、『アンパンマン』(やなせたかし)、『塩狩峠』(三浦綾子)

11月11日(水) Hanratty先生
Jurassic Park (Michael Crichton), The Blue sweater (Jacqueline Novogratz),
The Wind-up Chronicle, IQ84 (Haruki Murakami)

11月12日(木) 敦賀先生
『果てしない物語』(ミヒャエル・エンデ)、『時代の正体』(神奈川新聞取材班)、
『沖縄の自己決定権』(琉球新報社、新垣毅)

11月13日(金) 二股先生
『重力とは何か』(大栗博司)、『できそこないの男たち』(福岡伸一)、『アドルフに告ぐ』(手塚治虫)



過去のイベント