Q&Areference


学校生活について

  • 長期休暇中にも補習はありますか?

    在校生に対する一斉の補習はありません。

  • 中学・高校それぞれの研修旅行はいつごろどこへ行きますか?

    2年生の3月に、中学は長崎、高校は沖縄に平和学習として、3泊4日の研修旅行に行きます。

  • 海外からの帰国生徒と国内一般生徒の割合はどのくらいですか?

    帰国生徒と国内一般生徒の比率は、おおよそ2:1です。

  • 帰国生徒と国内一般生徒は同じクラスで学びますか?

    ホームルームクラスは同じです。多様な生育経験をもった生徒たちがお互いに影響し合って、広い視野をもった人物に成長することができる環境となっています。また多くの授業では、個々に応じた習熟度クラスで学習します。

  • クラブ活動はありますか?

    運動部11、文化部12、同好会1があります。

  • 部活動は全員参加ですか。

    希望者のみです。

  • 高校では運動部に入りたいと思います。初心者でも入部出来ますか?

    初心者でもやる気があれば、大丈夫です。

  • 普段、英語や外国語で話す生徒はいるのですか?

    日常言語は日本語ですが、友達やネイティブの先生とは外国語で話す生徒もいます。

  • 登校・下校時間はどうなっていますか?

    朝は8:25までに登校することになっています。下校時刻は夏期は17:30、冬期は17:00ですが、届けがあれば18:00まで活動することができます。

  • 図書館は充実していますか?

    コミュニケーションセンターという施設と一体になっており、蔵書は約53,000冊あります。そのうち約8,000冊は洋書です。視聴覚メディアも充実しています。

  • コンピュータ設備が整っていますか?

    コミュニケーションセンターという施設で図書館と一体になっており、生徒が自由に使えるコンピュータが約200台あります。インターネットやメールの環境も整備されています。

  • 食堂はありますか?

    校内にカフェと呼んでいる食堂があります。

  • 校則はありますか?

    本校は自主自律を大切にしていますので多くの校則はありませんが、学校生活を円滑に送るための最低限のルールは存在します。

  • 携帯電話は持っていってもいいですか?

    持ち込みは原則として認めていますが、使用のルールをきちんと守ってもらいます。

  • 防犯体制はどうなっていますか?

    教職員・生徒以外が入校する場合は警備室で入校許可証をもらう必要があります。

  • いじめ対策はどうなっていますか?

    本校は互いの人権を大切にすることを教育の根本に置いていますので、他者の人権を侵害することのないよう教育しています。人権侵害があった場合はとても厳しい指導をします。

  • スクールカウンセラーは配置していますか?

    配置しています。

  • 生徒の一日の生活はどのようなものですか。

    月〜土まで、8時30分登校、礼拝、9時10分〜15時10分(土曜日は9時10分〜10時50分)授業、部活動、18時完全下校が基本です。

  • どのような生活指導をされていますか。

    生徒1人1人の自主自立を大切に、自由の裏にある責任を指導し「自律」できる生徒に育てることを目標としています。

  • 昼食はどうしていますか。

    お弁当を持ってきたり、カフェで食べたりできます。

  • 校則は厳しいですか?

    本校は自主自律を大切にしていますので多くの校則はありませんが、学校生活を円滑に送るための最低限のルールは存在します。

  • 生徒会活動は盛んですか?

    生徒会活動は盛んで、様々な行事は生徒自身で企画実行されています。

  • 土曜日も授業がありますか?

    2012年度入学の中学1年生、2013年度入学の高校1年生から、学年進行で土曜日の授業を開始しています。

  • 中学から進学した場合、高校から入学する生徒とクラスが一緒になりますか?

    国際中学校からの内部進学生と高校からの入学生を区別することなくクラス編成しています。

  • 留学制度がありますか。

    制度は留学の時期によって1年間、1学期間など異なります。また、短期留学は10種類以上あります。

  • 海外に姉妹提携校(交換留学制度)などはあるのですか。

    アメリカ、フランス、中国、ドイツ、韓国などの学校と交換プログラムを持っています。

  • ホームステイの受け入れの分担などはあるのですか。

    留学に行くこととホストファミリーをお引き受けいただくことをセットで考えていません。ホストファミリーはご家庭のご意思でお願いしています。

  • 自宅から少し遠いのですが、学寮にはいることができますか?

    本校の寮は両親が海外に在住している方、遠方で通学が困難な方のためにあります。通学が2時間以上かかること、2時間以内で本校に来られる「保証人」が得られることが入寮の条件です。

  • 寮には帰国生徒はどれくらいいますか?

    国内一般生徒も数名いますが、ほとんどが帰国生徒です。

  • 子どもを寮にいれたいのですが、だれでも希望すれば寮に入れるのでしょうか?

    通学が2時間以上かかること、2時間以内で本校に来られる「保証人」が得られることが入寮の条件です。

  • 寮費はいくら位ですか?

    入寮費50,000円、寮費480,000円〈年額〉、冷暖房費6,000円〈年額〉、食費1,500円〈1日、朝、夕〉

  • 寮の場所を教えてください。また、寮から学校までの時間はどの位かかりますか?

    学校に隣接しています。

  • 寮での生活時間はどのようになりますか?

    7時起床・朝食,8時15分登校,19時門限,19時30分点呼,21時~黙学,23時30分消灯

  • 海外が長いので、日本語に自信がありません。授業についていけるか心配です。

    ホームルームクラスが同じでも、それぞれの生徒に適した習熟度別クラスで多くの授業を受けます。さらに日本語指導が必要な生徒に対しては、特別なカリキュラムを設けています。

  • 日本の学校に通ったことがないので不安なのですが、大丈夫でしょうか?

    海外での生活が長く、日本の学校に通ったことがない生徒は少なくありません。同じ思いを持った生徒たちと共に少しずつ慣れていきましょう。