Q&Areference


同志社国際中学校・高等学校について

  • 同志社国際中学校・高等学校はいつ開校した学校ですか?

    高等学校は1980年、中学校は1988年に開校しました。

  • 中学校・高等学校ではどのような科やコースがありますか。

    学科やコースは設けていません。高等学校では多くの必修選択科目や自由選択科目を設けていますので、自分の興味・関心や将来の進路希望に応じた科目の選択ができます。

  • 学期制はどのようになっていますか。

    3学期制です。

  • キャンパスはどこにあるのでしょうか。

    京都府南部の京田辺市にあります。

  • 通学の制限はありますか。

    特にありません。

  • 同志社国際高等学校へは必ず進学できるのですか?

    同志社国際中学校からは、同志社国際高等学校への推薦制度があります。成績・出席日数の基準はありますが、日常の学校生活に問題なければ進学することが可能です。

  • 他大学受験を希望する場合、そのための指導はしてもらえるのでしょうか?

    同志社大学、同志社女子大学への学内推薦や学外への指定校推薦を前提としていますが、他大学を希望する生徒には、個々のケースに合った指導をしています。

  • 海外の大学にも進学できるのでしょうか?

    毎年数名の生徒が海外の大学に進学しています。海外大学進学の指導は国際教育センターが準備の指導、出願指導を行います。

  • 成績表は絶対評価ですか、それとも相対評価ですか?

    定期考査やそれに代わるもの、レポートや提出課題など日常の学習成果を踏まえ、絶対評価でおこなっています。

  • 制服はありますか?

    制服はありません。

  • 寄付金はありますか?

    寄付金は任意ですが、1口10万円でお願いしています。

  • 1年間でどれくらい費用がかかりますか?

    中学は901,500円、高校は921,500円です。その他学年によっては、入学金や研修旅行費などが必要です。

  • 入学手続きの時に必要な費用について教えてください。

    中学は入学金および1学期学費で470,000円、高校は入学金および1学期学費で480,000円です。

  • 入学後に必要な費用について教えてください。

    予納金として、中学は50,000円 高校は40,000円、生徒会費6,000円、父母の会費19,500円 等が必要です。

  • 奨学金について教えてください。

    各都道府県の奨学金とともに、本校独自の給付型の奨学金があります。