最新ニュースNews

実施した活動一覧へ

  • 2018/12/20 - 海外フィールドワーク

    GUSⅠ -ドイツ フィールドワーク「Bielfeld 生徒たちからのレポート③」

    生徒たちはドイツ南部より北上し8日目にビーレフェルト市に入りました。最後の宿泊地となり、ドイツフィールドワークも残り4日間となりましたが、ここを拠点に脱包装・包装を一切使わない店舗への訪問とインタビュー、総合医療福祉施設ベーテルの視察と交流、そしてハノーファーへ移動しドイツ最古の環境教育施設での実習...

  • 2018/12/16 - 海外フィールドワーク

    GUSⅠ ー ドイツ フィールドワーク「Schwarzwald 生徒たちからのレポート②」

    フライブルク滞在の最終日、生徒たちは街の北東に位置するシュバルツバルトに向かいました。かつて酸性雨の影響で枯渇の危機に陥ったその森で営まれる持続可能を目指した取り組みを学びました。そして次は、エネルギー自給自足の村フライアムト、そしてカーボンニュートラルの取り組みが進むハイデルベルクを経て、次の活動...

  • 2018/12/15 - その他の取り組み

    GUSⅡ ー 2018SGH全国高校生フォーラムに参加してきました

    GUSⅡより4名の生徒が、12月15日に東京国際フォーラムで開催されたSGH全国高校生フォーラムに参加しました。全国のSGH指定校、アソシエイト校から代表生徒たちが一堂に会し、ポスターセッション、ディスカッションを通して日頃取り組んでいるグローバルな社会課題やその解決に向けた提案、また研究成果につい...

  • 2018/12/09 - 海外フィールドワーク

    GUSⅠ ー ドイツ フィールドワーク「Freiburg 生徒たちからのレポート①」

    12名の生徒たちが環境先進国に学ぶことを目的に、ドイツへのフィールドワークに向けて出発しました。フライブルクに滞在し今日で4日目となります。生徒たちから毎日送られてくる活動報告から、その充実ぶりが伺えます。その一部をご紹介します。 【12月10日(到着翌日)フライブルグ市旧市街の多様性ある街作り/...

予定している活動一覧へ

  • 2019/01/10 - その他の取り組み

    2018年度 同志社国際高等学校 SGH活動報告会のご案内

    下記の通り、2018年度同志社国際高等学校SGH活動報告会を開催いたします。本校は2015年度SGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定され、構想を進めております。今年度の活動内容を報告させていただき、関係の皆様からご指導ご助言を賜りたく、ご案内申しあげます。大変ご多忙な時期とは存じますが、ご来場いただきますようお願い申し上げます。 【2018年度 同志社国際高等学校 SG...

  • 2018/09/10 - 国内フィールドワーク

    GUS BASIC - 真庭・東京 フィールドワーク【概要】(高校1年生)

    【バイオマスツアー真庭】 ※こちらは終了しています 趣旨/内容:真庭市によるエコツアー(バイオマスツアー真庭)に参加します。 豊かな森林資源を生かし、バイオマス事業を軸に持続可能な社会構築を目指している真庭市を訪問し、ツアーに参加します。ツアーでは、地域資源の有効活用によって化石燃料に代わる様々な新エネルギーを実用化している現場を効果的に学習します。木質ペレットの国内生産ではト...

  • 英語の授業
  • 英語の授業

スーパーグローバルハイスクールとはSuper Global High School

SGH は、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する文部科学省の事業です。
本校は 2014 年に文部科学省より SGH( スーパーグローバルハイスクール ) アソシエイトの指定を受け、2015 年に、SGH の指定を受けました。各指定校は、国からの支援を受けて、それぞれに特色のある取り組みを進めています。

本校の取り組み

本校の研究開発構想名

持続可能な社会を担うグローバル人材育成プログラム
~環境先進国に学び世界に提言~

英語の授業

具体的な取り組み・実践内容

持続可能な社会の実現に向けて先進的事例の調査・研究

1年生

「Global Understanding Skills (Basic)」(必修科目)

目的 : 持続可能な社会について先進的実例を学習、基礎的知識の習得
  • 帰国生徒・国内一般生徒の生活経験を共有し、個別体験を世界的視野の中に位置づけ、グローバルな社会課題につながる幅広い視野、知識、態度を養います。
  • 同志社大学・同志社女子大学の教員を講師に招き、グローバル社会や環境問題など、テーマに基づく基礎的な知識を学習します。
  • 環境先進国であるオーストリア、ドイツの事例を学びます。
  • 岡山県真庭市でフィールドワークを行い、先進事例の実地研修を行います。

2年生

「Global Understanding Skills I」

目的 : 資源の有効活用や循環運用を海外実地研修で学習、校内外への発信
  • 環境先進国であるオーストリアやドイツでフィールドワークを行い、資源の有効活用や循環運用を学びます。
  • アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・台湾・大韓民国の海外提携校の高校生と、課題を共有し、多面的な視野で意見交換やディスカッションを行います。
  • フィールドワークの報告冊子、ホームページ(日本語版・英語版)を作成し、校内外に広く発信します。
  • 政策提言の準備として、関係諸機関のリサーチや関係諸機関との質疑を行います。

3年生

「Global Understanding Skills II」

目的 : 持続可能な社会の実現に向けた政策を国際機関や地域社会に提言、課題論文集の作成
  • 2年間で養われた基礎知識と問題解決への理論的アプローチ、リサーチの内容に基づいて、持続可能な社会の実現に向けた政策を国際機関や地域社会に提言します。
  • 小学生のうちから環境について考えたり、環境を意識した生活習慣を身に付けたりできるよう、法人内の小学校の児童に環境教育を行います。
  • 課題論文集を作成し、成果を全校生徒に向けて発表します。

英語によるディスカッション・リサーチスキルの強化

2年生

「Research, Debate, and Presentation」

  • ディベート形式の練習によって、プレゼンテーション力、相手の主張を踏まえて論点を整理する力、自分の主張の論法を構築する力を身につけます。さらに議論の質を高めるためのリサーチスキルを学びます。

3年生

「Advanced Academic English」

  • 学術論文を読んだり国際機関に提出するのにふさわしい形式で提言の内容を表現したりできる、大学での学びに通用する高度な英語を運用する能力を養います。
  • 英語を第一言語として学んでいる海外の学生と、教育目的の交流サイトを利用して意見交換や議論を行います。

全学年

国際交流プログラム

  • Smith College、Phillips Academy Andover、Harvard Universityなど教育・語学レベルの高いサマープログラムの派遣を継続して行 います。世界から集まる高校生などと交流を図り、多様な考えを吸収するとともに、英語によるディスカッション・プレゼンテーションの実 践力を高めます(プログラムによって対象学年などがあります)。
  • 開校以来つくりあげてきた海外のネットワークを生かした多様な国際プログラムへ参加し、コミュニケーション力や語学力を磨くとともに グローバルな視点を養います。

語学教育

  • 現在のスキル以上の語学力を身に付けられるよう、習熟度別・少人数制クラスを継続し、国際社会で実践できるグローバルスタディとしての 語学教育を行います。

SGH 構想の概要

外部リンク